らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年07月
ARCHIVE ≫ 2006年07月

【本】『横浜 港北の自然と文化』

横浜 港北の自然と文化


横浜市港北区ってどんなところ? 住んでいる私たちも一口では語れない、いや、一口も語れないほど知らない・・・かもしれません。
今の暮らしのありようは、土地、自然、歴史との結びつきが希薄になっているような気がします。

◆私たちの街「港北」の歴史・文化と、それを育んできた自然について語る、大倉精神文化研究所での講演会を1冊にまとめた本が出版されました。
ナチュラリストや歴史研究者の6人の講演を記録したもので、内容と講演者は次のとおりです。

第1部 水と共に
・鶴見川流域の暮らしと自然 -危機から希望へ-/岸由二
・温泉の自然と文化 -神奈川県綱島温泉について-/大山正雄
・鶴見川流域の幕末・維新/平野正裕
第2部 森と生活
・武士団「綴(都筑)党」を追う -中世の多摩丘陵に生きた武士たち-/飯森富夫
・身近な自然 -里山と私たちの暮らし-/吉武美保子
・社寺林保護のエコロジーと精神環境/川瀬博

講演の記録ですので、話し言葉でわかりやすく書かれ、参考文献も掲載されているので、手ごろな「港北入門」と言えます。現在進行形の市民活動についても述べられているので、今の生活との結びつきも感じることができると思います。
最後の川瀬さんは、とても深い、そして大事な問題提起をされていると私管理人は感じました。

お近くの書店、また大倉山記念館内の「大倉精神文化研究所」で購入できると思います。本体2500円とちょっと高めですが、価値ある1冊だと思います。

◆ISBN 4-905849-44-6
◆編集・発行 財団法人大倉精神文化研究所
◆発売 慧文社(tel 03-5392-6069 fax 03-5392-6078)

ラポールの祭典'06

新横浜にある障がい者スポーツ文化センター「横浜ラポール」からの情報です。年1回、広いラポールが全面開放され、バザーやさまざまなスポーツ体験、障がいのある人ない人の交流が楽しめる大イベントです。

◆ラポールの祭典'06 三世代の笑顔をGET!◆
9月10日(日)10:00~15:00 雨天決行
当日参加 参加費無料

*内容
・メインアリーナで・・・マーチングバンド、ダンスドリル、マクドナルドショー、車いすスラローム、バザー(市内作業所など約20店)

・プールで・・・カヌー体験&模範演技
(ぬれてもいい服装で来てください。小学3年生以下は保護者同伴)

・グラウンドで・・・(雨天中止)横浜マリノス・サッカークリニック、フライングディスク、グラウンドゴルフ、キックターゲット、スピードガン、アキュラシー、車いす試乗会

・シアターで・・・和太鼓、マクドナルドショー、港北三曲会

・サブアリーナで・・・おもちゃの広場(地域のおもちゃ図書館が大集合!)

・ビジタールームで・・・おもちゃ病院(おもちゃ当日持参、部品代実費負担 受付10:00~、先着20点、お一人2点まで 事前予約もあり)

・1階ロビー&2階ラポールボックスで・・・フォトフラッシュ(清水一二氏=障がい者スポーツ写真 ほか)

・玄関前で・・・模擬店、ミニ電車&福祉バス試乗会、サイドカー&福祉車両試乗会、車いすメンテナンス

*主催 障害者スポーツ文化センター横浜ラポール
http://www.yokohama-rf.jp/shisetsu/rapport/

グリーンバイブレーション作品展2006

毎年真夏、大倉山記念館ギャラリーでユニークな美術のグループ展が開かれています。以下、案内チラシから・・・

●心に種をまきましょう。

 この作品展は、1人1人の心のメッセージです。

 芸術家でも、又その技法を持たない人でも、

 心を解放し自由な表現でジャンルにこだわらず形にしようという試みです。

 形あるものから無へ・・・無から形あるものへ・・・という繰り返しの中、

 今この場所で私たち個々の存在を表現し、そして出会いの空間にしたいと思います。

【グリーンバイブレーション作品展 Green Vibration 2006】
●8月8日(火)~13日(日) 11:00~20:00(最終日は17:00まで なお初日は展示の準備をしていますが、ギャラリーへは入場できます)
at 大倉山記念館ギャラリー

*another action 8月12日(土)18:30~20:30 大倉山記念館ホール
音楽、映像、パフォーマンス... 何が出るかお楽しみ!

ホームページ http://plaza.rakuten.co.jp/gv1991/


この作品展に当らくらく管理人が初参加します!!
他にらくらく市参加団体と浅からぬご縁のある人も参加していますよ!
ぜひ記念館でお会いしましょう!

8月23日・処暑・正午、打ち水大作戦 on the 菊名川!

こちらの記事で予告しましたが、残暑たけなわ(のはず)の8月23日に、「打ち水大作戦」を菊名で行うことになりました! かつて水路の流れていた道にみんなで打ち水をして、水路を一瞬、よみがえらせましょう! 残暑の街に一陣の涼風を起こしましょう!

◆日時 8月23日(水)正午* 雨天中止
 *全国一斉打ち水が各地で行われます。
◆集合 11時45分 桜田公園(地図
◆持ち物 家庭にある桶、洗面器、バケツなど水を入れる容器 水(水道水は使わない。お風呂の残り湯、溜めた雨水、エアコンの室外機の排水、庭の池の水など*) 帽子、タオルなど(暑さ対策)
 *当日、非常用の井戸水などを用意する予定です。
◆打ち水終了後、スイカを食べて懇親会を行う予定。

なお、このイベントは、港北区ふるさとサポート事業(ふるサポ)補助対象活動「港北再発見・映像記録と発信によるコミュニケーションの取り組み」の一環として行うものです。

打ち水チラシ

より大きなチラシ画像(裏面も)はこちらで見られます。

参考:打ち水大作戦2006 mission uchimizu

◆問合せ 電話045-401-6063 ワークショップ.ピリオド
 Mail:period@kikunagawa.net

主催:ワークショップ.ピリオド
協力:大豆戸町内会

フューチャーズランニングクラブの情報

今年から「らくらく市」に参加していただくことになった「NPO法人フューチャーズランニングクラブ」をかんたんにご紹介。

引きこもり、不登校など心の悩みをもつ青少年たち、保護者、付添人等と共に走ることにより、達成感と自分に対する信頼感を培い、彼らの心を開くきっかけに貢献することを目的とした、ランニングクラブです。

モットーは
【ゆっくり走ろう】
【疲れたら歩いてもいいよ】
【他人と競争しなくていいよ】

毎月第2・第4土曜日の午後1時~4時、鶴見川大綱橋(綱島側)下の河川敷に集合し、それぞれの力に合わせてジョギングやウォーキングを行っています。
また、年2回、自然に触れ合う野外活動の合宿(キャンプ)も行っています。

今年11月25日(土)には、クラブ主催の、誰でも無理なく参加できるランニング(ジョギング)大会を鶴見川河川敷で開催する予定です。

昨年から港北区の「ふるさとサポート事業」の助成を受けており、今年の公開提案会「港北学び舎」では会場の投票により、「第2回港北学び舎大賞」を受賞。活動の意義が幅広い人たちから認められました。

(以上、ホームページと、7月10日のらくらく市実行委員会での紹介から、当ブログ管理人がまとめて書きました)

ホームページはこちら↓
※「らくらくこうほく」トップページのリンク先と異なります。近日中に訂正します。
http://www.bbweb-arena.com/users/frc/index.htm

楠の木学園夏のイベント

らくらく市参加団体の「NPO法人 楠の木学園」からの情報です。

★第7回楠の木学園夏季教育フォーラム★

「子どものからだとこころを育て支える講演とワークショップ」

【日時】8月18日(金)9:30~16:45 19日(土)9:00~17:00
【会場】楠の木学園(横浜市港北区小机町 JR小机駅から徒歩3分)
【主催】NPO法人 楠の木学園、オアシスの会(楠の木学園を支援する市民の会)
【後援】神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、日本フリースクール協会

【内容】
・18日午前 講演とワークショップ〈「発達障がい」の子どもへの支援とムーブメント〉 講師:小林芳文氏(横浜国大教授)
・18日午後 (1)美術のワークショップ (2)演劇指導のワークショップ
・19日午前 上記の美術、演劇ワークショップの続き
・19日午後 (1)いきいきとした体づくりワークショップ (2)和太鼓のワークショップ
【参加費】両日通して参加の場合4000円 一日のみ2000円 学割(半額)あり
【対象】幼稚園、保育園、小中学校関係者、学生、保護者等どなたでも
【定員】30名

申込み方法など問合せは
電話 045-473-7880 楠の木学園

★オープンスクール★

明るく元気、そしてなごやかな雰囲気の楠の木学園で、夏休みの一日を過ごしてみませんか。

【日時】8月27日(日)10:30~14:00
【内容】みんなで調理 みんなでランチ リズムにあわせてからだを動かしてみよう 美術にちょうせん
楠の木学園の生徒たちも参加します。いっしょにやってみましょう。

保護者でご希望の方には教育相談を行います。

【連絡先】
電話 045-473-7880 楠の木学園
メール kusunoki@sg.netyou.jp

らくらく市実行委員会のご報告

7月10日(月)、午前10時から、菊名地区センターにて、らくらく市実行委員会が開かれました。

3か月に一度開く実行委員会、今回は、今年のらくらく市の日程の確認と、参加団体の出店内容(予定)、それに各団体の近況などの情報交換を行いました。

今年から新たに、「NPO法人フューチャーズランニングクラブ(FRC)」が参加団体となった一方、「港北区手をつなぐ育成会」、「シャーロックホームズ」、「手作りふれあいの会」などが事情により不参加となりました。
参加団体の数は28団体程度になるもようです。

らくらく市2006は、10月22日(日)、午前10時半から午後2時まで、菊名地区センター・港北図書館前広場で開催です。
22日雨天の場合は、29日に延期します。(決定は22日早朝)
開催を前に、10月2日(月)に次回の実行委員会を開催します。
10月の実行委員会では、参加団体の紹介を掲載したPR紙とポスターを配布することになっています。

なお、10月20日(金)~22日(日)は会場の菊名地区センターの「菊名文化祭」も行われます。

まだ3か月ちょっと先のお話ですが、22日の好天を祈りたいものです。29日では参加できない団体もあるようですので!

地域福祉保健計画・どうなったの?:7月8日、地域フォーラム

「心のバリアフリーを考える大倉山・市民の会」からのご案内です。

どうなってるの? どうなったの?
3年目の港北区地域福祉保健計画と福祉活動計画


◆日時:7月8日(土)午前10時~12時
◆場所:港北公会堂2F会議室(大倉山駅徒歩7分)
◆参加費:300円(資料代、お茶代、会場代など実費分)

問合せ先:NPO法人びーのびーの事務局(地域子育て支援拠点どろっぷ内)
電話045-540-7420 ファクス045-540-7421

◆港北区地域福祉保健計画が策定されて、その計画の煮詰めと実践の初年度がスタートしました。6月には補助制度の説明会や区社会福祉協議会の当事者部会が行われています。

◆今回のフォーラムには、区役所福祉保健センターの近藤係長、区社協の下嶋事務局長をお迎えし、区民それぞれの課題解決、相互協力について情報・意見交換を行います。

(管理人コメント)
昨年と一昨年は地域での説明会や意見交換会が行われましたが、ほんとうに地域のごく一部の住民しか参加していません。策定された、という話も、広報に載るくらいで、街の噂にもなりません。よっぽど住民に良い計画ができたのでしょうが、知られていないし、何か恩恵にあずかれるのかさえわからないのです。
そんな問題意識で参加させていただこうと思っていますが、日程が決まるのが遅かったですね・・・

20周年の盆踊り(大豆戸町内会+大倉山ハイム町内会)

らくらく掲示板に載せられた情報の再掲です。

〈大豆戸町内会+大倉山ハイム町内会合同盆踊り〉

日時:7月23日(日)午後6時30分~8時30分頃まで。雨天順延。
会場:大豆戸小学校校庭。

小学校の隣にある特別養護老人ホームの入所者の皆さんもご招待を受けているそうです。

この会場での盆踊りは今年で20周年だそうです。
ちょうど「らくらく市」と一緒です。
20年でこの街は「熟成」されてきたのかもしれませんね。

管理人は7年前からこの町内に住んでいますが、隣町に住んでから25年になります。だから全然知らない町内ではないのですが、ヨソモノが集まってできた街、という感じです。マンション街ですから。

ここに障がい者地域活動ホームや特養ホームができ、また、小学校への不審者侵入事件をきっかけに見守り活動が活発になるなど、街の人々のつながり方が変わってきたという感想ももっています。

管理人は踊りは苦手ですが、町内会長さんや地域の方たちとお話をしに(ちょっと飲んだりしながら)行ってみようかな、と思います。
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ