らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年10月
ARCHIVE ≫ 2014年10月
      
≪ 前月 |  2014年10月  | 翌月 ≫

秋のminiらくらく市2014を開催しました!

絶好の秋晴れのもと、「秋のminiらくらく市」を予定通り開催しました。
参加予定団体のうち、都合により、「コスモスの会」「CPキッズ」が不参加となり、
代わって「大倉山ミエル」「菊名地区センター手芸サークル」が参加されました。
「ミエル」はコーヒー・紅茶、「手芸サークル」はリサイクル衣料品を出されました。

8団体の参加は「らくらく市」の初期とほぼ同じ規模。
街なかの小さな公園で開いた第1回が思い出されました。この年(1986年)は、会場を変えて6回も開いたのでした。「ともに生きる」を街に広めようという熱気があったのですね。
今回はその時からの参加団体が出店できなかったのが残念でした。

いつもは広場いっぱいに店が並ぶのですが、今回は広場の入口から地区センター・図書館玄関までの人の流れに沿うように、広場の対角線上にテントを配置。
テントは「陽だまりの会」と「港北区災害ボランティア連絡会」から提供されました。

参加団体が少ないとそれだけ来場者数は少なくなりますが、一昨年までこの時期の開催でしたので、「秋の風物詩」という印象をお持ちの数人のお客様から「今年はさびしいですね」と言われました。
昨年、建物の改装工事のため行われなかった「菊名文化祭」の再開に合わせて、参加できる団体だけで開いた「秋のminiらくらく市」でしたが、来年以降も続くことになるのでしょう(今のところ未定ですが)。

写真でようすをご紹介します。

ミニらくらく市1
開店準備、整いました。いつもの横断幕はありません。

ミニらくらく市2
東北支援のための物産・リサイクル品販売を行った「国際救急法研究所」。売り声は一番威勢がよかったです!

ミニらくらく市3
「陽だまりの会」は焼きそばとちらし寿司を販売。焼きそばを焼く匂いでにぎわいを演出していました。

ミニらくらく市4
「港北みりょく発見団」は綱島の桃ジャム・桃酒の試食・試飲とともに、子どもたちのためにロープを使った犬のマスコットづくりを行いました。みんな楽しそうです。

ミニらくらく市6
初参加の「港北区災害ボランティア連絡会」は地域のハザードマップ等を展示し、防災の心構えを熱心にアピールしていました。

ミニらくらく市5
「ワークショップ・ピリオド」は自主制作映像のPRとともに、毎回おなじみの金子さんの似顔絵サービス。すばらしい出来映えに大人も子どもも大喜びでした。

秋のminiらくらく市 参加団体と出しもののご紹介

ミニらくらく市ポスター

秋のminiらくらく市2014

10月19日(日)10:00〜14:00 菊名地区センター・港北図書館前広場
予定通り開催です!!
地区センターの「第32回菊名文化祭」最終日、同時開催です。地区センターで活動する文化・芸術団体の展示や実演が行われます。文化祭は10月17日(金)〜19日(日)10時から16時までの開催です。

●miniらくらく市の参加団体と出しものをご紹介します。(団体名の50音順)

・港北区災害ボランティア連絡会 http://www.kouhoku-saibora.net/
 ☆らくらく市初参加☆
 防災グッズの展示など

・港北みりょく発見団 http://park.geocities.jp/tsunashimamomo/
 綱島産の桃酒試飲など

・国際救急法研究所 http://kokukyu.blog.fc2.com
 東日本大震災被災地の物産販売

・コスモスの会
 リサイクル品

・コミバス市民の会 http://komibasu.sblo.jp/(更新停止中?)
 菊名おでかけバスの説明と会員及びボランティア募集

・CPキッズ
 リサイクル品

・陽だまりの会 http://www.hidamari-group.jp/
 焼きそば・ちらし寿司・お茶

・ワークショップ.ピリオド http://kikunagawa.net/
 地域映像アピール・似顔絵コーナー

2週連続台風襲来!

10月に入り二度の台風上陸。しかも関東直撃。

全国的に水害の多い今年、とくに横浜市内でも土砂崩れによる死者が出た台風18号の後、避難勧告が強化されました。横浜市は台風19号が接近中の10月12日に、土砂災害が想定される地域の避難勧告を出し、対象地域と避難場所一覧を発表。
港北区では、綱島台、大曽根台、大倉山一・二丁目、大豆戸町、新吉田町の各一部が対象地域になりました。
台風19号は13日の夜から14日の未明に最接近し、暴風雨に見舞われましたが、避難された方はいらっしゃったのでしょうか?

10月6日の台風18号に伴う豪雨では、新横浜公園多目的遊水地に鶴見川の水が大量に流入しましたが、19号の雨はそれほどではなかったようです。
18号による多目的遊水地への流入の記録が次のPDFファイルで見られます。(国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所)
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000111094.pdf

今は総合治水事業が効を奏しているようですが、鶴見川は昔から氾濫の多い川でした。氾濫の記憶のある方は年々少なくなっていますね。
休刊してしまったタウン誌「とうよこ沿線」には鶴見川の氾濫のようすを伝える写真がよく載っていました。
今は次のサイトで見ることができます。
http://touyoko-ensen.com/syasen/kouhoku/ht-txt/kouhoku13.html

次のサイトはすべてテキストですが、鶴見川氾濫の歴史を知ることのできるもののひとつです。(大倉精神文化研究所/シリーズわがまち港北)
http://www.okuraken.or.jp/depo/chiikijyouhou/kouhoku_rekishi_bunka/kouhoku66/
http://www.okuraken.or.jp/depo/chiikijyouhou/kouhoku_rekishi_bunka/kouhoku108/

治水事業がしっかり行われていても、避難せずに結果的に大丈夫だったとしても、油断は大敵です。土地の歴史を知っておくことも大事ですね。
まちの情報 | Comments(1) | Trackbacks(-)

メール不具合のおわび

らくらく情報ひろばへのメールフォームからのお問い合わせにつきまして、9月30日より不具合が発生しておりました。
10月4日に復旧しましたが、この間のお問い合わせは送信元にエラーとして戻っているようです。

当ブログ管理人はYahoo mailを利用しておりますが、Yahooのサーバーの大規模な障害により送受信ができない状態が足掛け5日間続いていたようです。

現在は復旧しておりますので、もし9月30日〜10月4日にお問い合わせをされた方がいらっしゃいましたら、再送信していただけませんでしょうか。
おわびするとともに、よろしくお願い申し上げます。
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ