らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年10月
ARCHIVE ≫ 2016年10月
      
≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

障がいがあっても幸せです

10月13日の報道です。

ダウン症のある人「幸せに思う」90%以上
http://www.news24.jp/articles/2016/10/13/07343576.html

上記の内容は日本テレビ「ニュースエブリー」で放映されたようです。
「かれん」のホームページhttp://karen.or.jp/で、取材があったことが報告されています。
取材されたのはモアかれん利用者の森田さん。森田さんは自然食品のお店の仕事とともにアロマハンドケアも担当されていて、いつも笑顔でお客様に接しています。

日本テレビの報道によると、12歳以上のダウン症のある人852人の90%以上が、「毎日幸せに思う」「仕事をしていて満足な気持ちがある」と答えたとのことです。

ダウン症については、日本ダウン症協会のホームページhttp://www.jdss.or.jp/family/にあるQ&Aで知ることができます。

思えば、障がいのある人にもない人にも、幸せを感じている人、感じていない人は、同じくらいの比率でいるのではないでしょうか。
心身に障がいがあろうがなかろうが、みなそれぞれ「幸せ」「不幸せ」「生きやすさ」「生きにくさ」を感じているのだと思います。
もちろん、障がいのある人はない人に比べて生きて行く上での困難さがあるでしょう。しかし、だからと言って不幸だということには決してならないと思います。ヘレン・ケラーが述べ、乙武洋匡氏が引用した「障がいは不便だが不幸ではない」という言葉を思い出します。
そう思う一方で、近年の自己責任を強いる政策や社会の風潮は、障がいのある人たちにとってより強く生きにくさを感じさせているかもしれません。

障がい者は生きていても意味がない、社会の不幸を生み出している、だから殺してしまえなどと考える津久井殺傷事件の容疑者、さらに、糖尿病患者や透析処置を必要とする人を自堕落と決めつけて、殺してしまえなどとネット上で放言した、過激な自己責任論者のフリーアナウンサーは、政策や社会風潮によって生成した病原体に感染してしまっているのかもしれません。彼らこそ不幸だと思えてなりません。

2016年10月19日 管理人記

スポンサーサイト
ともに生きる | Comments(0) | Trackbacks(-)

ミニらくらく市写真集

10月16日(日)に開催した「秋のミニらくらく市2016」のようすをご紹介します。

ミニらく16-1

地区センター文化祭の最終日に同時開催しました。今年の文化祭の看板はなかなかの力作です。

ミニらく16-2

入口で都筑産有機野菜の販売。2時間くらいで売り切れました。

ミニらく16-5

右側グリーンのテントはコーヒーやアクセサリーなどのお店(大倉山ミエルなど)。左側ブルーのテントは熊本や東北の震災被災地産品のお店(国際救急法研究所、港北区災害ボランティア連絡会など)が並びました。
入口のすぐ左では植木市(ワークショップ.ピリオド)も。配達サービス付きなので、結構売れ行きがよかったようです。

ミニらく16-4

会場奥ではリサイクル市(CPキッズ)。掘り出し物がありました!(当ブログ管理人は新品同様のボストンキャリーバッグを格安でゲット!)

ミニらく16-3

ミニらく16-9

リサイクル市の隣りは「かえっこバザール」(びーのびーの)。子どもたちがいらなくなったおもちゃや本を持ち寄って「カエルポイント」をもらい、そのポイントでお買い物ができる、というもの。昨年に続いて2回目です。

ミニらく16-6

港北区災害ボランティア連絡会は陸前高田産のリンゴを販売しました。たらいの水にリンゴが浮かんでいますが、「リンゴ釣り」です。なかなかのアイデアです。

ミニらく16-8

ミニらく16-13

被災地支援活動や防災の啓発活動をされている国際救急法研究所は、熊本や宮城の産品を販売するとともに、防災グッズの展示も行いました。発泡スチロールの箱は太陽熱で冷凍食品の解凍や調理ができる手作り品。

ミニらく16-12

こちらも避難場所等で使える手作りの「エココンロ」。ワークショップ.ピリオドが加わっている「大豆戸菊名打ち水実行委員会」からの出品です。

ミニらく16-11

大倉山ミエルのご縁で大倉山の路地裏にある「花屋&カフェ プティフルール」が出店されました。皮ごと食べられるスイートポテトが人気でした。

ミニらく16-7

5月のらくらく市でもすっかりおなじみになった金子さんの似顔絵(ワークショップ.ピリオド)。行列ができました!

ミニらく16-10

「菊名おでかけバス」の展示(コミバス市民の会)。関心をもってご覧になる方がかなりいらっしゃいました。


晴れたり曇ったり、ほんの短い間、小雨模様でしたが、さわやかな一日でした。
出店された皆様、お疲れさまでした。
ご来場の皆様、ありがとうございました。


ミニらくらく市 本日開催!!

秋晴れです!!

秋のミニらくらく市2016

本日10月16日(日)
午前10時から午後2時まで
菊名地区センター・港北図書館前広場で
予定通り開催します。

ご来場を心からお待ちしております。
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。