らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月

らくらく市2017 暑い中たくさんのご来場ありがとうございました!!

らくらく市2017会場
〈らくらく市2017〉は終了しました。

らくらく市史上最高気温か?と思われるほどの暑さ!!
「どぼくねこ」も暑かったことでしょう!!
暑さのせいかお客様の出足が早く、開場から1時間くらいは大混雑でした。
休憩コーナーのテント内や日陰で休む方がいつもより多かったようです。
とくに体調を悪くされるような方はいらっしゃいませんでした。

写真や、各団体からの感想などは、まとまり次第こちらに掲示します。

ご来場の皆さま、まことにありがとうございました。
多大なご協力をいただいた地区センター・図書館の皆さま、ありがとうございました。
参加団体の皆さま、たいへんお疲れさまでした。

らくらく市2017 本日開催です!!

らくらく市2017リーフレット表紙
〈まちの中でともに生きよう〉
らくらく市2017
予定通り開催します!!

駐車場はありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
自転車、バイクの方は臨時駐輪場をご利用ください。

暑くなりそうです!!
帽子や日傘は必須ですね。
ご来場をお待ちしております!!

らくらく市2017会場案内マップができました!

らくらく市2017マップ
らくらく市2017の会場案内マップができました!
制作は「おやこの広場びーのびーの」のお母さんグループです!
当日会場入口でご来場の方にお配りします。

*上の画像はクリックすると拡大します。なお原版もモノクロです。

わくわくマルシェ@トレッサ横浜:5月13・14日

らくらく市の「大倉山ミエル」のブースで手作り品を販売している「わくわくマルシェ」が、らくらく市2017の前の週にハンドメイド販売イベントを行うそうです。
お時間がありましたら、こちらへもどうぞ!!

◎トレッサ横浜にて「わくわくマルシェ」開催!◎

日時:5月13日(土)・14日(日)10:00~18:00
場所:トレッサ横浜 南棟2F グルメブリッジ

15のブースが登場。
毎日使いたくなる小物からアクセサリーまで、
作家さんが心をこめて作った作品をたくさん並べてお待ちしております。
母の日のプレゼントに、自分へのご褒美に…。
ステキな手づくり品を見つけに是非お越し下さい。
イベント情報 | Comments(0) | Trackbacks(-)

菊名地区センターのらくらく市コラボ企画

らくらく市の会場としてご協力いただいている「菊名地区センター」では、5月21日の「らくらく市2017」と同時にセンター内でイベントを行います。

◎子どもあそびと菊名カフェ(らくらく市コラボ)◎
親子で子どもあそびを楽しみましょう。
飲み物・お菓子のご用意あり(有料)。
日時 5/21(日)11:00~13:00
対象 どなたでも
定員 なし
費用 無料
申込 当日直接会場へ

(港北区区民活動支援センター情報紙「楽・遊・学」第266号より)

「楽・遊・学」第266号には、らくらく市の情報も載っています。次のリンク先からPDFファイルをダウンロードできます。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/sinkou/raku-yu-gaku/

らくらく市2017参加団体のご紹介(活動内容別)

らくらく市2015-10時15分
らくらく市2017の開催まであと20日となりました!(5月1日現在)
上の写真は一昨年のものです。

さて、今年の参加団体ご紹介、今回は活動内容によるカテゴリー別にご紹介します。複合的な活動をしている団体もありますが、主な活動でカテゴライズしました。紹介文はおもにPRリーフレットへの寄稿をもとにしています。薄い赤色になっている団体名をクリックすると、その団体のホームページを別ウインドウまたは別のタブで見られます。
*今回、菊名駅バリアフリー化工事のPRで出展する「東京急行電鉄」は除きました。
*「社福」は社会福祉法人 「NPO」は特定非営利活動法人 「公財」は公益財団法人

★地域福祉★

グループ赤いくつ 障がいの有無にかかわらず地域で共に生きることを目指し、水泳教室や町めぐりなどの活動をしています。

ボタニカルカフェおからさん(NPO・フラットハート) おからを使ったランチやスイーツを提供する、障がいのある人が働くカフェ。

アート・メープルかれん(社福・かれん) 絵画、手織りなどの創作活動とギャラリーの運営をする障がい者生活介護事業所です。

オーガニックスペース・モアかれん(社福・かれん) 安全な食材や手作りパン・クッキーなどの販売、ランチの提供を通し、障がいのある人と地域との絆を深める場をめざしています。

オブラディ・オブラダ(社福・かれん) 5年をかけて、入居する人・計画をする人の思いを込めてつくったケアハウスです。人生のベテランがスタッフとして入居メンバーの生活の助手となります。

かれんジュニア(社福・かれん) 障がいのある子どもたちが放課後を過ごす場。遊びの中から暮らしに必要なことを一人一人のペースで学べるよう応援しています。

菊名地区支えあい連絡協議会 さまざまな地域の課題に取り組む地域の会。地域福祉保健計画にも参画しています。

CPキッズ 脳性小児まひの家族などを中心に立ち上げ、障がいの有無にかかわらず皆が一緒に安心して楽しく暮らせる地域づくりを目指して活動しています。

しんよこはま地域活動ホーム(社福・横浜共生会) 障がいのある方が住み慣れた地域で自分らしく生活できるようお手伝いしています。

(有)なんでも舎ケアサービス 在宅介護のより良い方向を考え、大切なおひとりおひとりを支援しています。

ハウス陽だまり(社福・陽だまりの会) 精神障がいのある方の日中活動先として、食を通じて地域との関わり、自立と社会参加を目指して活動しています。

ハウス陽なた(社福・陽だまりの会) 精神障がい者の作業所として、「陽だまり焼」の販売、音楽療法、音楽イベント開催などで、有意義な日中を過ごせるよう支援しています。

四季菜館(NPO・精神保健を考える会まいんどくらぶ) 地場の作物を使用したジャムや焼菓子を製造し、地域のイベント等で販売しています。

セサミ香房(NPO・精神保健を考える会まいんどくらぶ) 焼菓子や手工芸品の製作をしています。大曽根にあるお店では自然食品や雑貨も販売しています。

HIKARI(NPO・精神保健を考える会まいんどくらぶ) 地域活動支援センターとして精神障がい者の社会生活支援をしています。家具や雑貨の製作を中心に利用者一人一人に合わせた活動をしています。

リンデン・カフェ杜(NPO・精神保健を考える会まいんどくらぶ) 「カフェ杜」を運営しながら日中地域の中でゆったり過ごせる場を提供し、カフェ杜のお惣菜やランチ作り、創作活動やレクリエーション活動をしています。

横浜市社会福祉士会港北区連絡会 社会福祉士の職能団体です。社会福祉士は他の職種や専門職の人たちと力を合わせ、福祉を必要とする方が地域で安心した生活を送れるよう支援しています。

らんがく舎 障害があっても積極的に街に出て、多くの出会いから新しい関係を作ろうと思っています。それができれば災害時にも障害者も安心。それを目指しています。

★教育・子育て★

NPO・楠の木学園 学校で居心地のいい自分の居場所が見つからなかった若者のためのフリースクールです。

おやこの広場びーのびーの(NPO・びーのびーの) 主に0〜3歳の子どもとその保護者がいつでも気軽に立ち寄り自由に過ごせる空間です。

横浜北YMCA(公財・横浜YMCA) 水泳・体操・サッカー・発達支援プログラムを展開しています。2017年4月に40周年を迎えました。

★防災、被災地支援★

港北区災害ボランティア連絡会 平常時は災害ボランティアセンターの設置・運営訓練や研修会などを実施し、災害ボランティア活動の普及・啓発の推進をして、災害時に備えます。災害発生時には、地域住民と全国から駆けつけたボランティアと共に災害ボランティアセンターを設置・運営します。

子どもの未来プロジェクト・港北 2011年3月に起きた原発事故により福島をはじめとする多くの場所が放射能汚染地域となり、子どもたちの未来に大きな不安を感じ、私たちに出来る何かをと考え行動しています。

★街づくり、ネットワーキングなどの地域市民活動★

NPO・WE21ジャパンこうほく 地域の皆さまからのご寄付とボランティアの参加でチャリティショップ「WEショップこうほく」を運営し、アジアの女性や子どもたちが自立して暮らせるよう民際支援しています。

菊名地区消費生活推進員の会 地域の皆さんが安心・安全に暮らすための情報を、年に数回の講座や新聞発行によって発信しています。

港北区野良猫・地域猫支援協議会 野良猫をつくらない、増やさないために、人と猫が共存できる地域社会をめざすことを目的として活動しています。

こうほく・人と生きもの・支えあう会 飼い主のいない猫に不妊・去勢手術をして地域猫として生きることができるように啓発・推進しています。

港北図書館友の会 港北図書館を支え育てるために平成22年に発足。古本市の収益により蔵書充実に協力したり、おはなし会への協力、講演会や読書サロン、ビブリオバトルの開催など多彩な活動をしています。

港北みりょく発見団 綱島地域でかつて栽培が盛んだった桃などを題材にまちおこし、まちづくり活動をしています。

コミバス市民の会 誰もが気軽に安心して外出できるよう、坂の多い菊名の街で「コミバス」を自主的に運行中です。

なんでも舎 1996年以来、非営利でリサイクル事業、アムネスティグッズの販売、地域の情報を発信する場として続いています。

NPO・街カフェ大倉山ミエル コミュニティカフェの運営を通じて、「地域食堂」「認知症カフェ」の開催、地域情報の発信、活動をつなぐ活動をすすめています。

ワークショップ.ピリオド 港北区を中心に地域のイベントや生活などを映像で記録し、「港北ふるさと映像祭」や港北図書館での上映会などで地域に発信しています。
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ