らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOP管理人の記 ≫ 地域イベントや地域の動きを広めるには?

地域イベントや地域の動きを広めるには?

残暑お見舞い申し上げます。

夏祭りや花火大会など、夏休みの行事が各地で盛んですね。

さて先日8月2日、初めての「しんよこ映画祭」が行われました。
(参照:一つ前の記事
太尾小学校4年生の原作・脚本で、地元で撮影が行われた『おじさん公園のひみつ』(探偵濱マイクシリーズの林海象監督、佐野史郎「主演」)上映では、親子で会場が8割方埋まりました。太尾小学校の校長先生もあいさつされました。
続く『いのちの作法』は、地域福祉をテーマにした力作で、関心のある方が鑑賞にいらっしゃいましたが、会場はちょっと閑散としていました。
そのほか、地元高校生の作った映像作品や、主催の「ピリオド」による『らくらく. 街. 15』や『菊名「川」物語第1章』も上映されました。
個々の映画のテーマや作風はみな異なるものの、通じていたのは「地域」、そして20代以下の若い人たちの作品であること。ピリオドの2作は別ですが!
地域の映像のアーカイブをめざす「ピリオド」ならではの、港北の映画祭として続いたら、と思うのですが。

しかし今回は、PR不足だったようです。
上映作品は充分魅力的で、マスメディアに取り上げられていれば、もっとたくさんの観客がお見えになったでしょう。

お客様の感想にも、マスコミを使ってもっと宣伝すればよかったのでは、といったものがありました。
地域のメディアでは、このブログを別にすれば、新聞折り込みの『タウンニュース』に掲載されたくらいですが、地域のミニコミにいくら載っても、新聞1紙の影響力には負けそうです。

7月28日に行われた「心のバリアフリーを考える大倉山市民の会」の地域フォーラムでは、区の地域福祉保健計画と、区社協の地域福祉行動計画の現状を考えるディスカッションが行われましたが、これら計画が、周到な準備、広報によって地域に浸透を図ったにもかかわらず、地域住民にあまり知られていないと、参加者から指摘されました。

それを聴いて考えました。
港北のようなベッドタウンでは、情報収集はどうしても東京発信のマスメディア指向になってしまいます。これは全国的な傾向かもしれませんが、地方では地方紙や地元TV局が一番影響力があります。東京近郊はそういうことがあまりありませんね。
神奈川新聞やテレビ神奈川があると言っても、発行部数、視聴率は全国紙、東京キー局の比ではありません。まして、地域のミニコミはどれだけ浸透しているでしょうか。市(区)の広報紙もそうです。
このブログも同じ、いや、同じと言うにはあまりにもおこがましいですが...

マスメディアに頼らざるを得ない、というより、マスメディアにも情報を提供して取り上げてもらうことは、地域のイベントや活動を広めるには必要なことなのでしょう。
もちろん地道な地域でのPR、口コミも忘れてはいけませんが。
当ブログはその「地道」部門を今後も担います(?)。
今年の「らくらく市」は、プレスリリースを全国紙の支局や放送局などに送ってみましょうか。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ