らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOP管理人の記 ≫ 新しい年を迎えて

新しい年を迎えて

遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。

今年も「らくらく市」とその参加団体をよろしくお願い申し上げます。

当ブログは、参加団体の動きや、地域で行われるイベントの情報を中心に、
この地域(おもに横浜市港北区内)で「ともに生きる」ための情報、話題を
できるだけ積極的にご紹介してゆきたいと考えております。

皆様からの情報や話題の提供を、これからもよろしくお願いします。

ということで、直近のイベント情報を再掲します。
くわしい情報はリンク先の記事をご参照ください。

☆「高齢者支援のためのアンケート調査」集計結果報告会
 1月17日(土)午後1時30分~3時30分
 大豆戸地域ケアプラザ 2階 多目的ホール
 ●くわしい情報

☆第8回区作連展「あったかはーと大集合」
 1月19日(月)~23日(金)午前10:30~午後6:00
 初日は午後1時から 最終日は午後4時まで
 ギャラリーかれん
 ●くわしい情報
管理人の記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

高齢者支援のためのアンケート調査報告会
編集
17日、菊名地区支えあい連絡協議会の、高齢者支援のためのアンケート調査報告会があり、出席しました。60人の参加で盛況でした。

連絡協議会顧問の金子安夫さん(菊名地区連町会長)のごあいさつのあと、連協篠崎元彦会長(大豆戸町内会長)より、調査活動の概要と、集計?分析報告(404人の回収)がなされました。 区の黒田保健師さん、区社協下島事務局長からのコメントがありました。

第二部に成富正信さん(早稲田大学社会科学部教授)の講演「わがまちで安心して暮らし続けるにはー超高齢化社会への準備ー」 がありました。

アンケートは、下島区社協事務局長が述べられていましたが、政策・課題へむけての具体的な根拠を提出する貴重なもので、
講演は、東京の戸山団地調査との比較、港北区の平成7・8年と最近との歴史的比較がされて、すごく面白かったです。

例えば、区では、12年間で、訪問介護利用者が484人か2632人に5倍以上に急増しており、逆に、ボランティア登録(個人団体とも)は減少している。

「高齢男性につきあい力アップが大事!」という講演の結語に触発されて、私は、「つきあい力をつよめるきっかけについてもうひとこと」という質問をしましたが、貴重な時間を食ってしまったかもしれません。

来賓の島村県議、大山市議のコメントをいただき、散会になりました。
2009年01月19日(Mon) 10:24
編集
晴天の、とてもおだやかな年明けですね。
でも、社会的には、激動を予感させる空気を感じる昨今でもあります。
ことしもよろしくお願いします。
2009年01月17日(Sat) 01:02












非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ