らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPイベントレポート ≫ あざみ野にモナリザを見に行きました!

あざみ野にモナリザを見に行きました!

モナリザを描く展

6月20日の記事でご紹介した、「アートかれん」も出展する「モナリザを描く」展(横浜市民ギャラリーあざみ野)へ、私当ブログ管理人が行ってまいりました。

 この展覧会は岡山の企業がつくる社団法人「林原共済会」が主催する「林原国際芸術祭"希望の星"」として2008年から開いている巡回展で、国内10カ所の他、出品者の母国である香港、韓国、シンガポール、さらにフランスでも開催されています。国内と各国各地域で公募、また制作を依頼した作品がメインで、横浜展では、特別に横浜市内施設の出展コーナーがあって、緑区にある「カプカプ竹山」とともに「アートかれん」が出展しています。

 さまざまなモナリザ像は、模写風のものもあれば、作者独特のイメージもあり、見る者を飽きさせません。アジア各国からの作品はとくに地域柄が表れている感を受けることはなく、完全に表現が国境を超えている感じです。
 「彼らの表現にはアートの原点がある」というのがこの展覧会のキャッチコピーですが、「モナリザを描く」と言っても、オリジナルに迫ろうとかオリジナルを超えようとか言った「野心」とか「邪心」(?)はほとんどない、かなり純粋で生な表現だという感じがします。

 公募に参加しなかった「カプカプ竹山」「アートかれん」の人たちの作品展示も自然に公募展とつながっていて違和感を感じることは全くなく、横浜だけで展示されるのがとてももったいないと思いました。

 横浜市民ギャラリーあざみ野での展示は7月5日(日)まで、あとわずかです。ぜひあざみ野まで足をお運びください!
(9月25日~10月1日には、六本木の「テレビ朝日ギャラリーumu」で開催されます)

Comment

No title
編集
6月29日午前、アートギャラリーでのHIKARI展の準備飾り付けでした。
ちょうどその時、アートかれんのみなさんが、「モナリザを描く」展におでかけでした。
お天気がよくて、楽しそうでしたね。
HIKARI展、7月4日までです。おいでください。
http://www.hikari-craft.com/news.html#HIKARI
2009年07月01日(Wed) 08:16












非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ