らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPスポンサー広告 ≫ 〈港北ふるさと映画祭〉2月21日開催TOPイベント情報 ≫ 〈港北ふるさと映画祭〉2月21日開催

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

〈港北ふるさと映画祭〉2月21日開催

ふるさと港北を映し撮る映像の大結集!
そして、大震災からの地域の復興を描いた記録映画も。
映像の中に持つ「ふるさと力」を探り、「ふるさと港北」の再発見を!!

【港北ふるさと映画祭】
2月21日(日)10:00~16:30
港北公会堂で開催!

 地域の映像の記録と保存をめざしている港北区内の二つのグループ「港北ふるさとテレビ局」「ワークショップ.ピリオド」が合同で、「ふるさと港北」を描いた映像を集めた映画祭を行ないます。
 特別上映として、中越大震災と闘った小さな村の物語『1000年の山古志』が公開されます。

*上映作品(開始時刻は予定です)
(1)港北ふるさと散歩「松の川緑道」(港北ふるさとテレビ局制作) 10:00~
(2)さんぽへいこう「大倉山編」「篠原町編」(YOUテレビ制作) 10:30~
(3)港北今昔物語「まぼろしの篠原城」(ワークショップ.ピリオド制作) 11:00~
(4)港北区内の活動グループ紹介映像 11:40~

*特別上映 14:00~(開場13:40)
「1000年の山古志」(橋本信一監督作品)

*料金等
特別上映のみ、大人999円、こども500円
当日、会場にて、「新潟山古志米」を販売する予定です。
港北区長、五大路子さん(「まぼろしの篠原城」に出演)、橋本信一監督の挨拶があります。

*問合せ(メールアドレスの★は@に変換してください)
・ワークショップ.ピリオド TEL: 045-401-6063 MAIL: period★kikunagawa.net
・港北ふるさとテレビ局 MAIL: mail★kohoku-furusato-tv.org

協力団体
YOUテレビ株式会社/港北地名と文化の会/大和田伸也・五大路子フレンズクラブ/日本映画学校/菊名WARA・びー実行委員会/国際救急法研究所/コミバス市民の会/こうほくの会/NPO法人まいんどくらぶ/社会福祉法人かれん/個個港学舎

後援
港北区役所/港北区社会福祉協議会
イベント情報 | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

おかげさまで
編集
おかげさまで、港北ふるさと映画祭盛況で、無事終了しました。ありがとうございました。
以下報告・お礼文です。

  
港北ふるさと映画祭へのご協力のお礼
2010年2月22日  
   港北ふるさとテレビ局  代表 伊藤幸晴
   ワークショップピリオド 代表 小林富夫

春近しといえまだ寒さ厳しい折、ご健勝のことと存じます。私どもは、港北の地域を映像で記録し、上映する活動をして参りました。
昨日、港北ふるさと映画祭(第二部)を皆様のご協力のもと、無事開催することができました。さまざまなご協力に心からお礼申し上げます。
遠く伊勢原市から参加された方を含め、港北区民を中心にのべ300人の方々に、私どもの作成した「松の川緑道」「まぼろしの篠原城」のみならず、YOUテレビ制作「さんぽにいこう(大倉山編・篠原町編)」、国土交通省京浜河川事務所制作「暴れ川の記録」、「港北区で活動するグループ紹介映像」そして橋本信一監督「1000年の山古志」を見ていただくことができました。
柏崎港北区長、松の川遊歩道(緑道)の会代表田辺美紗代さん、女優五大路子さん、郷土史家押尾寅松さん、港北地名と文化の会代表渡辺忠治さん、文化放送キャスター高橋民夫さん、橋本信一監督(登壇順)の皆様からごあいさつをいただきました。
ロビーには、大和田伸也・五大路子フレンズクラブによる「横浜ローザ」コーナー、日吉のこどもの本の専門店ともだちによるお薦め本コーナー、港北発のDVD・CD・書籍の展示即売コーナー、社会福祉法人かれんによるホットコーヒーとクッキーコーナー、NPO精神保健を考えるまいんどくらぶによる山古志産米を用いた炊き込みご飯とお茶コーナー、防災ネットワークに携わる国際救急法研究所の宇田川規夫さん(菊名在住)による中越特産物コーナー、山古志産米コーナー等が並び、交流がなされました。
また、ご協力をいただいた港北区、港北区社会福祉協議会はじめ町内会・諸団体・マスコミ等の皆様、そして何より、ご多忙の中お越しいただいた皆様に心よりお礼申し上げます。
この成果のうえに、港北ふるさとをまるごと映し撮り、地域で共有する活動にさらに励みますので、今後ともよろしくご協力いただけますよう、お願い申し上げます。
 
伊藤 mail@kohoku-furusato-tv.org
電話080-5641-6425 夜8-10時
小林 period@kikunagawa.net
電話 045-401-6063 
                      
2010年02月28日(Sun) 12:27
本日、港北ふるさと映画祭
編集
いよいよ港北ふるさと映画祭、きょうあと6時間あまりでの開場になりました。準備を終えて帰宅したところです。
告知について、大豆戸町の回覧・掲示板をはじめ、表谷町内の掲示板掲示、神奈川、朝日、タウンニュース各紙のご協力など、とてもありがたいご協力をいただきましたが、まだまだやり残した、という感が残ります。
 でも、これが今の最大限の力だという気もし、今は粛々と開場を待つつもりです。
ともかく、私(たち)、港学舎撮影所3年をベースに出発したワークショップ。ピリオドの、10年の到達地点、一日を楽しみたいと思います。
地域の皆さまのおいでをお待ちしております。
2010年02月21日(Sun) 03:25
うちでのこづち2月7日オープン
編集
港北ふるさと映画祭まで、あっという間にあと2週間。
主催団体のひとつワークショップピリオドの活動拠点が、移転しました。
その新しい拠点が「うちでのこづち」です。
http://uchidenokuduchi.info/uchide0207.pdf

らくらく市参加団体の一つであり、実行委員会事務局を置いていた港学舎が一昨年夏に移転し、すぐ近くで連携してYネットを主力になって担っていたウエストン(小林富夫代表)は、ほとんど独力でYネットスペースを維持されてきました。
それがこの春、小林さんは、菊名東口のプラザコーシン1Fに事務所を構える(株)防災機工の山田代表とともに、デジタル時代をサポートする「うちでのこづち」をたち上げられ、2月7日(日)にオープンイベントを開催します。
旧Yネットは、10年前「らくらく。街。15」を生み出した思い出深いスペースですが、新しい「うちでのこづち」は、物的にも人的にも、さらに大きな可能性を拓く事業であると確信します。
今年のらくらく市には、例年の植木市にさらにアップした企画が出されて来ることを期待しています。

私はとても嬉しく俳句を作りました。
        振るまいかうちでのこづち寒を解く

お世話になったみなさん、どんなところか関心をお持ちのみなさん、2月7日、横浜北YMCA隣のプラザコーシンの一階、のぞいてみてください。グループおおきな木さんによるオードブルや、ステキな景品も用意されているとのこと。

もちろん、2月21日港北ふるさと映画祭も、予定に入れて
いただきますように。
2010年02月06日(Sat) 05:43
暴れ川の記憶
編集
ワークショップ.ピリオドの入江です。
港北ふるさと映画祭で標記の作品を上映することになりました。港北区で、川といえば鶴見川です。
古来流域に大きな実りをもたらし、江戸時代までは輸送の中心を担いました。
と同時に、洪水による大きな被害もつきまとい、流域の開発による宅地化により、今も洪水の危険がなくなっていません。
「暴れ川の記憶」は洪水の実態を生々しく記録し、それへの対策の努力を伝えます。
国交省京浜河川事務所のご好意で上映できることになりました。
ぜひご覧ください。
2010年02月04日(Thu) 21:02












非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。