らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPらくらく市情報 ≫ らくらく市2010に向けて~5月の実行委員会から

らくらく市2010に向けて~5月の実行委員会から

5月24日(月)、今年度最初のらくらく市実行委員会を開催しました。
少し遅れましたが、そのご報告をいたします。

1.基本事項の確認

 まず、前回の実行委員会で話し合われた反省と次年度に向けての改善点などを確認しました。
 参照:前回実行委員会の内容まとめ

 今年の開催日は、
10月24日(日)の予定です。
雨天の場合は翌週日曜日に延期です。

2.会計報告

 会計の黒字分(とこれまでの繰越金)は、他の福祉関係の団体に寄付してはどうかとの意見が前回出ましたが、来年度の《らくらく市25周年》にちなむ事業や、緊急に必要なことのために、基金のような形で保有しておくべきではないか、との意見がありました。

3.25周年記念事業について

 来年2011年は「らくらく市」開始25周年となります。その記念の事業についての提案が事務局からありました。
 記念誌(冊子)発行と映像DVD発行です。
 映像に関しては、映画をつくるワークショップ「ピリオド」が毎年撮影、記録を行っています。2001年には、らくらく市の開始から15年目を期して、参加団体を紹介する映像作品『らくらく.街.15』を発表しています。

 この提案については、あと1年余りで、二つの事業を同時に進行させるのは無理ではないか、という意見や、DVDより冊子の方が多くの人の目に触れるし、DVDを視聴することのできない人もいることを考えると、冊子の方がよい、という意見も出ました。

 25周年記念事業の企画については、この日の意見を参考にして、実行委員会の「事務局」メンバー(代表、事務局長、会計、広報)で別途話し合うこととなりました。

4.参加団体の情報~「しんよこはま地域活動ホーム」が初参加

 出席した参加団体の方々から、自己紹介と最近の情報の紹介がありました。
 「らくらく市」の仲間のなかでは「かれん」や「HIKARI」と並んで「最古参」の「グループ赤いくつ」は今年が「らくらく市」より一足早く25周年。当時の子どもたちがすっかりりっぱな大人になって、いまや活動を担っているというお話でした。25年という時の流れを感じさせます。
 一方、今回初めて、「しんよこはま地域活動ホーム」が参加されることになりました。同ホームは来年で開設10周年。オープン時に、当時私たちが発行していた情報紙『らくらくネットワーク』で取材し、記事を掲載しています。
 参照:らくらくネットワークNo.23の記事

5.次回の実行委員会

 7月5日(月)午後2時~4時 菊名地区センター
 この日、広報リーフレット用原稿用紙(アンケート)を配布します。
 参加団体の皆様、ぜひご出席をお願いします。

Comment

らくらくネットワーク
編集
報告ありがとうございます。

しんよこ地活の開所時の取材、きちんとまとめられていますね。
改めて読み直しました。

本日、図書館にうかがい、石田館長に10月24日のご協力をお願いしてきました。
2010年06月05日(Sat) 01:07












非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ