らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPたすけあい・ボランティア情報 ≫ いま私たちにできることは(2)

いま私たちにできることは(2)

まず、入江さん、ふるさと映画祭の延期を含め、情報コメントをありがとうございます。
このブログの存在も広めてくださっているようで、感謝申し上げます。
お読みいただいた皆様からのコメントや情報をお待ちしております。
情報提供は、このブログの右側の欄下方にある、メールフォームをご利用ください。

◎被災障がい者支援のために「ゆめ風基金」「DPI日本会議」が動き出しています

阪神淡路大震災の被災障がい者支援をきっかけに始まった、大阪の「ゆめ風基金」が現地の被災状況の把握と、募金を始めています。
16日には福島で原発から逃れ避難中の障がい者団体に100万円が届けられたとのことです。
現在日本赤十字社や共同募金などが緊急募金を行っていますが、これらはほとんど、すぐには被災地に届きません。おもに「復興」のための基金だと考えるべきでしょう。もちろんそれも必要ですが、今すぐ生活のための資金を届けることの方が、今この時には求められているのではないでしょうか。

「ゆめ風基金」障がい者救援金の届け先はこちら
郵便振替口座 00980―7―40043 ゆめ風基金
http://homepage3.nifty.com/yumekaze/

ゆめ風基金のブログでは、被災地の障がい者施設や病院の状況、医薬品の供給などの情報が発信されています。
http://yumekaze21.blog39.fc2.com/

また、DPI(障害者インターナショナル)日本会議はゆめ風基金などと共同で、『東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部』を発足し、支援を呼びかけています。
http://shinsai-syougaisya.blogspot.com/

DPI日本会議でも救援金の募集をしています。
郵便振替口座 00110-2-47127 DPI日本会議
※ 通信欄に「障害者支援金」と明記し、住所と氏名も必ず記入してください。寄付金控除のため、領収書が送られます。
DPI日本会議のホームページ
http://www.dpi-japan.org/dpi/index.html


らくらくネットワークプロジェクト管理人
2011年3月19日

Comment

Re: そうか、こんな手があったのか
編集
さっちーさん、コメントありがとうございます。
入江さんからは、計画停電に関する情報を細かくコメントしていただき感謝しております。
寄付に関する情報は私のほうでまとめていますが、
こうした情報や、支援、共助のアイデアをいただけたら、この場で発信したいと思っております。
またコメントや、メールでの情報提供をよろしくお願いします。
2011年03月20日(Sun) 23:15
そうか、こんな手があったのか
編集
地震と津波と原発の三重苦に見舞われた私たちは
何に頼ったらいいかと呆然といたしました。
学校(特別支援学校)に勤めているものですから
校長や同僚に
休校をお願いしたのですが
14日の卒業式をはじめ次週からの休校もありませんでした。
危機管理のなさに「抗議して」(実は怖かった)
自主休校・ストライキをしてみたものの
守るべきは生徒なのかなと気づき
ストライキは1日でやめましたが。
原発の危機が進む中、
さすがに金曜日は休校になりました。
しかしこんな中で気分は
恐怖と無力感で、落ち込むばかり。
そんな中でこの入江さんの投稿を見て
少し冷静になれました。
これからパニックになったときも
地域で頼れる掲示板になってくれたら
ありがたいなと思います。
わたしは自分のことだけを考えていたと反省?しています。
2011年03月20日(Sun) 16:55












非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ