らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPたすけあい・ボランティア情報 ≫ いま私たちにできることは(5)

いま私たちにできることは(5)

巨大地震・津波発生から2週間を過ぎました。
「復興」への道はまだまだ厳しいようです。
息の長い支援が必要だと思います。
寒さも例年になく厳しいですね。東北や北関東はなおのことと思われます。
心からお見舞い申し上げます。

当ひろば管理人の私のまわりでは、それぞれの持ち場でさまざまな支援の取り組みがされています。
川崎に住む知人は、お子さんの所属するサッカークラブが、被災地のクラブの家族へ、緊急に必要とする生活用品を集めて、車で直接届ける活動をしているそうです。

らくらく市参加団体もそれぞれの取り組みが行われていることと思います。

「かれんアートクラブ」では、アートクラブ展の参加費を全額(あるいは必要な物に替えて)、岩手県で被災したアート活動を行っている障がい者施設に送ることを決めていますし、アートクラブ展開催期間中、「きょうされん」への募金を行いました。

「横浜市社会福祉士会港北区連絡会」関係では、上部組織の「日本社会福祉士会」が活動支援のための募金を行っています。
http://www.jacsw.or.jp/info/toplinks/20110314.html

さて、物資による支援ですが、先の少年サッカークラブのような直接的な活動は別にして、大きな組織的な受入窓口は現在閉鎖されている状況のようです。
ゆめ風基金とDPI日本会議による障害者救援本部も、今日現在、物資による寄付は受け付けていないとのことです。
また、神奈川県の災害救援担当窓口も、「被災県からの要請により」救援物資の受付を一時停止しています。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f100602/

被災地支援のかたちとしては、支援の気持ちをこめて、被災地の物産を買うというのもよいことではないでしょうか。いま、生産に支障が生じていたり、放射能汚染被害による野菜の出荷制限が行われたりしていることもあるなかで、被災地の経済復興支援も息長くして行きたいですね。
東京には各県の「アンテナショップ」があって、いま、岩手、宮城、福島のショップは被災地を応援する気持ちからお客さんでにぎわっているというニュースもあります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000013-jij-soci

アンテナショップふくしま市場
http://www.tif.ne.jp/bussan/fukushima/index.html


宮城ふるさとプラザ
http://cocomiyagi.jp/


いわて銀河プラザ
http://www.iwate-ginpla.net/


ふくしま市場にはオンラインショップもあり、ネットで注文して届けてもらえます。支払いは代引きや銀行振込(前払い)。
私も福島県産のはちみつセットを注文しました。ごていねいに案内とお礼の電話をいただきました。福島なまりの女性の声がとてもあたたかく感じられました。

茨城県のアンテナショップは茨城県外にはありませんが、次のサイトで通販もしています。
茨城名産市場
http://www.ibaraki-meisan.gr.jp/antena_shop/index.html



これからも、できることで、被災地、被災者の皆さんとつながって行きましょう。

らくらくネットワークプロジェクト管理人
2011年3月27日

Comment

青森アンテナショップ
編集
青森県のアンテナショップは北彩館で、JP飯田橋駅西口3分にあります。昨年あたりからリニューアルして、休日や平日も夜7時半まで開いています。そのせいで何度か入っています。それまではお役所営業で、私の時間帯と合わず、長らく前を通り過ぎるだけでした。
リンゴ、飴、オセンベなど買っています。
ttp://www.umai-aomori.jp/buy/antenashop/hokusaikan-tokyo/hokusaikan.phtml
2011年04月15日(Fri) 22:49












非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ