らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPたすけあい・ボランティア情報 ≫ 津波にすべてを流された保育所を応援しましょう!

津波にすべてを流された保育所を応援しましょう!

橋浦保育所支援

宮城県石巻市(旧・北上町)、新北上川(追波川)河口近くにある「橋浦保育所」。
対岸には、子どもたちの犠牲者を出した大川小学校のあるところです。
橋浦保育所も、大津波に呑まれ、すべてが流されてしまいました。
3・11から5か月。保育所は再開されていますが、まだ机も椅子もないなか、
床で保育活動を行っている状態だそうです。
ほかにも、カーテン、遊具、給食道具などさまざまなものが不足しています。
子どもたちが保育所にいる時間をもっと楽しくするために、
みなさんの力をお貸しください。

支援金はこちらへ
銀行口座 三菱東京UFJ銀行大倉山支店 普通 0428821 国際救急法研究所
郵便振替 00290-5-22985 国際救急法研究所

お問い合わせ
MAIL: koku-kyu★af.netyou.jp (★は@に換えて送信してください)
TEL/FAX: 045-431-4070
国際救急法研究所 代表 宇田川規夫


付記
 当ひろば管理人は、橋浦保育所のある旧北上町に40年も前に4、5日ほど滞在したことがあります。真夏の炎天下を延々歩いて、農家を訪ねて、農業やふだんの暮らしについて聞き取りをするフィールドワークをしたのでした。それで夏風邪を引いてしまい、民宿の人に迷惑をかけた思い出があります。
 この橋浦地区に、国際救急法研究所主催のボランティアバスが訪れ、復旧支援活動をされていたのです。
 私は日程が合わず、ついに橋浦の支援活動には行けませんでした。40年前の恩返しを直接的にはできませんでしたが、保育所への金銭的な支援をし、この場で支援の輪を拡げることで、恩返しになるのかな、と思います。
 つい先日、同じ主催者による、石巻市の隣り、女川町の復興支援活動に参加させていただきました。その報告は、まとまり次第こちらに掲載します。

Comment













非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ