らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPスポンサー広告 ≫ 港北にホットスポットが・・・TOPまちの情報 ≫ 港北にホットスポットが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

港北にホットスポットが・・・

もう1週間も前のことになってしまいましたが、港北区内で福島第一原発事故によるものと思われる、放射線量の高い「ホットスポット」があることが判明しました。
くわしい情報は、港北区役所トップページに掲載の記者発表資料をご覧ください。
http://www.city.yokohama.lg.jp.cache.yimg.jp/kohoku/

横浜市が調査、発表することになったきっかけは、神奈川新聞などの記事によれば、市民からの通報だそうです。携帯型の放射線測定器を使って調べられたのでしょう。港北土木事務所近くにホットスポットがあったことは、市の健康福祉局などによる調査でも確認されました。
高い放射線量を計測した箇所の土砂は撤去され、土木事務所に保管されているようです。撤去後は「健康に影響のない程度」まで線量が下がったようです。

その後、市は市立保育園、小中学校での線量測定を行っており、高い線量を測定したところの土を撤去するなどの対策を行っているようです。
ネットで公開されている記者発表資料にはありませんが、22日の神奈川新聞WEB版によれば、大綱小学校で、汚染土の撤去の基準となる0.59マイクロシーベルトを上回る0.92マイクロシーベルトが測定されたとのこと。
この線量を年間浴びると8059.2マイクロシーベルト(8.0592ミリシーベルト)となり、許容限度といわれる年間1ミリシーベルトの8倍となります。
20ミリシーベルトなどというとんでもない数値(一時、福島県の子どもの許容線量とされた)に比べれば、低い数値ですが、普通、年間許容被ばく線量は1ミリシーベルトです。

これまでも測定は行われてきていますが、市民からの通報で、これまで市が測定していなかったところで高線量を測定したということは、もっと以前から「ホットスポット」が存在していると考えられます。

子どもが集まる場所は保育園や学校だけではありません。
横浜市では公園での測定もしていますが、港北区内では綱島公園だけ。
保育園や小中学校の位置を考慮して測定地点を決めているようですが、未測定の場所で「ホットスポット」が確認されたのですから、もっときめ細かく測定していただきたいものです。
まちの情報 | Comments(1) | Trackbacks(-)

Comment

ホットスポット
編集
疑問
1,港北区が市内最高値(最悪値)を検出したのは、自主検査が活発だったからでしょうか?
他の地域でも検査するともっと出てくると思いますが。
例えば、30日神奈川新聞は、市民からの通報で鶴見区上末吉5丁目の道路脇を横浜市が測定したところ0,82マイクロシーベルトだったと報道しています。(石尾記者)
2,それにしても港北区大倉山5丁目の数値が高いのは、どういう原因なのでしょうか。
因みに最近いただいた「こうほく・人と生きもの・支えあう会」2011秋号に新堂さんが9月16日、大倉山記念館前松ノ木庭園での測定値を0.09マイクロシーベルトと記されています。(ガイガーカウンターJB4022使用)
少なくとも3人の方が、港北区内で自主測定されているのを知っています。器財も異なるかもしれませんが、面的にどうなっているのか知りたいですね。
2011年09月30日(Fri) 09:53












非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。