らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPらくらく市情報 ≫ たくさんのご来場ありがとうございました!

たくさんのご来場ありがとうございました!

10月22日日曜日午後9時です。
今日の横浜市港北区は曇りのち晴れ、のち小雨・・・でした。
ちょうどらくらく市2006開催中は青空になり、朝とは打って変わって暑いくらいの陽気でした。
おかげさまでたくさんの方に会場までお運びいただき、各団体とも売り上げ好調のようです。
らくらく市20周年記念の交流会も、各団体の趣向をこらした出し物でとても盛り上がりました。
港北区長さんや、交流会の共催者「横浜市コミュニティビジネス推進協議会」担当の市の課長さんにもご来場くださり、ごあいさついただきました。
らくらく市始まって以来の快挙と言ってよいでしょうか?
20年の歴史の重みを地域の皆さん、そして行政の方にも認めていただいたように思います。とてもうれしいことです。

今回初めて菊名地区センターの出店をいただき、交流会でも職員の方のパフォーマンスを披露していただいたのは、特筆すべきことでしょう。会場使用でご協力いただくばかりでなく、積極的に参加していただいて、本当に感謝です。

港北図書館には、毎度の多大なご協力に感謝いたします。

地区センター、図書館の皆様、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

らくらく市は来年もあります。さ来年も、その次も、そして10年後も・・・
「らくらく」と続けたいものです!

写真入りのレポートを近日中にHP「らくらくこうほく」に掲載する予定です。
乞うご期待!

Comment

場所の力
編集
私は植木市の売り子として参加しました。
毎年感じるのですが、らくらく市は開催場所も素晴らしいと思います。
ワーワー商売をやりながら、ふと上を見上げると、菊名小学校の岡の小山の緑が目に入ります。植木の在庫を運びに図書館の駐車場まで台車を往復させる時など、いつも山の森の緑を楽しみながら作業をしています。

その山は、菊名貝塚遺跡のある山です。ある考古学者によると、東京近郊の高級住宅街は、ことごとく遺跡出土の場所と重なっているとのことです。即ち、日当たり・水まわりの良い、すがすがしいところに、古代人は住みつき、現代でもそれが一等地になっているとのことです。
らくらく市も、そのような場所を得たことにより、あの快適な感覚が出ているのかもしれません。菊名貝塚の山の端の場所でのらくらく市が、20周年を越え、末永く栄えることを確信とともに祈念いたします。
2006年10月29日(Sun) 22:43
鳴り物
編集
図書館のいつもの静謐さからみれば、人がたくさん集い、大声をあげるだけでも騒がしいと思います。
今年は、交流会で特別にマイク使用させていただきましたが、来年からは、マイクなしでのらくらく市にしましよう。

ただ、椅子を並べた交流・飲食コーナーは来年もできますね。今年は、臨時駐輪場を設置していただけたことがスペース上とてもよかったですね。
それに、大豆戸町内会のご協力で、テーブルを7脚搬入し、参加団体が全て、1脚ずつ使用できました。
2006年10月27日(Fri) 21:59
編集
町内会長さん、お疲れさまでした。
支えあい連絡協議会のような、販売でない形の出店はほかにも「社会福祉士会」や「コミバス市民の会」がありました。
運営資金のためのバザーという性格から、活動PRや交流を中心にしたイベントになってきているようですね。
「紹介メッセ」もそうですが・・・
で、ひろこさんもお疲れさまでした。
紹介メッセの時の音量は、大丈夫だと思ったのですが、どうも瞬間的に音量がアップしたようで、図書館に「苦情」があったらしいです。
鳴り物入りのイベントは今年だけです、とちょっと苦しい弁解をしましたが。来年は鳴り物なしですかね。
2006年10月26日(Thu) 22:24
20周年!でしたね
編集
鳴り物解禁のらくらく市、心配した音量はPAの専門家がきてくださりOKでした。
お陰様で一生一度の晴れ舞台の演奏は楽しかった! 行き交う人もお店の人もいいお顔でした。ただ体脂肪測定で超ガリガリさんが肥満に近い数値がでたのはご愛嬌というべきか? 総評は「やったね」
2006年10月26日(Thu) 09:28
新しいスタートに
編集
菊名地区支えあい連絡協議会のみなさまのご参加は、らくらく市の新しい時代のスタートになるような予感がします。
今までのらくらく市参加団体のきずなを強めつつ、さらに菊名地区の出会いの場のひとつになりたいですね。
2006年10月25日(Wed) 22:54
皆さん、おつかれさまでした。
編集
第20回目の記念すべき「らくらく市」に、「菊名地区支えあい連絡協議会」として、初めて参加することが出来たのは、私たちにとっても記念すべきことでした。

当日は、大豆戸地域ケアプラザの所長および職員、田辺クリニックの院長、福祉保健センターの職員、それに「支えあい~」の委員など、多くのスタッフによって、無事に運営することが出来ました。

おそらく初めての試みであろう、医師と看護士によるライヴ健康診断が大いに受けて?、体脂肪や血圧、握力を受検する老若男女が列をなすほどの盛況でした。お隣のブースの方には多少ご迷惑をおかけしたかもしれません(隣のブースの方も全員、受検していました)。

おかげさまで、当初の目的であ「らくらく市出展者とのふれあい」、「地域福祉保健計画」と「支えあい~」の
PR、「菊名駅西口にエレベーターの設置を!」の要望署名も、それなりに達成することが出来ました。

さらには区長をはじめ、福祉保健センターの職員の来場・参加・協力を得ることが出来たのも一つの成果であると思います。今回の成功に気を良くして来年も参加したい、いや、ぜひ参加しようと胸を張った一日でした。

実行委員の皆さん、本当にご苦労様、そして、ありがとうございました。

2006年10月24日(Tue) 14:54
よかったよかったよかった!!!
編集
みなとさん、さっそくありがとうございます。
毎度いろいろなことが起きますが、参加団体の「協力」「工夫」、そしてお天気にも「協力」いただいて、結果オーライ!・・・だったと思いますね。
みなとさんもお疲れさまでした。
また次の20年に向けて歩み始めましょう!
2006年10月23日(Mon) 20:47
よかったですね。
編集
天気がよくてよかったですね。
おおいり満員よかったですね。
新しい出会いよかったですね。
たまの再会もよかったですね。
やはり無事故よかったですね。
みんなで協力よかったですね。
工夫の交流会よかったですね。
記念写真撮影よかったですね。

絵入りレポート楽しみですね。
町でのあいさつ楽しみですね。
2006年10月23日(Mon) 11:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ