らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPまちの情報 ≫ まめどまめ作戦

まめどまめ作戦

今年で3年目の「まめどまめ作戦」

今年も横浜市立大豆戸小学校の3年生が苗植えから収穫まで取り組みました。

主催の「大豆戸菊名打ち水大作戦実行委員会」代表のSさんに
子どもたちが書いたレポート「地いきの方へ」を見せていただきました。

*6月17日の苗植えのレポートから
「水をなえにかけないなんてびっくりしました」
「大豆のうえかたや大豆戸がどうしてまめどとよむのかをおしえてくださってありがとうございました」

植えた時は、水が苗にかからないように、土にかけるようにするのですね。
大豆戸と書いて「まめど」と読むのは、昔は「豆」といえば「大豆」のことだったから...と思いますが。
もっとも「まめど」の由来は大豆とは何の関係もないとの説もあります。

*7月18日の収穫のレポートから
「ぼくは5ことれてほんとうにうれしかったです」
「大豆戸なのでさらにえだ豆がおいしくなります」
「とりたてのえだ豆はバナナのにおいがしました」
「こんなにおいしいえだまめを食べたことがなかったのですっごくうれしかったです」

なかには3個しかとれなかった子、8個とれた子といたようですが、最後にはみな平等に5個ずつお持ち帰り、ということになったようです。

小さな畑ですし、苗も十分な数がなかったので、一人当たりの収穫はわずかでした。
ささやかな農業体験ですが、ずっと記憶に残るのではないでしょうか。

「まめどまめ作戦」のようすは
大豆戸小学校ホームページ:各学年の様子:3年生
・港北区ホームページ:港北区・まちと学校と:平成25年6月
に掲載されています。
「まちと学校と」では「大豆戸まめまめ作戦」と誤って表記されているのがちょっと残念。

なお「まめどまめ作戦」に関する当ブログの過去記事は次のとおりです。
「まめどまめ作戦」の由来についても記しています。
〈まめどまめ作戦、始まる?〉(2011.06.08)
〈まめどまめ作戦、始まりました!〉(2011.06.25)
まちの情報 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ