らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPスポンサー広告 ≫ 港北区内の鶴見川の水害対策は?TOPまちの情報 ≫ 港北区内の鶴見川の水害対策は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

港北区内の鶴見川の水害対策は?

12月10日(木)の夜から11日(金)の午前にかけて、関東地方を発達した低気圧が通過し、強風とともに強い雨が降りました。
この雨で港北区内を流れる鶴見川の「亀の子橋水位観測所」で「氾濫注意水位」を超える水位となったそうです。
この観測所は、新横浜公園として利用されている「鶴見川多目的遊水地」にあり、一定の水位を超えると遊水地に水が流れ込むようになっていますが、この時も流入がありました。遊水地に溜まった水量は13000㎥。25mプール約35杯分だそうで、平成15年に遊水地ができてから16回目の流入とのことです。
・情報源:http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000637460.pdf(国土交通省京浜河川事務所)
・前回の流入については、2014年10月14日のこのブログの記事「2週連続台風襲来!」でも書きました。
http://rakurakuinfo.blog69.fc2.com/blog-entry-460.html


ところで、12月7日のらくらく市実行委員会では、「国際救急法研究所」の宇田川さんが、今年9月に起きた茨城県常総市の水害被災地支援の報告をされましたが、そのなかで、港北区の私たちが水害について心がけておくべきこととして、まず情報を知ることを挙げられました。
上記の多目的遊水地にも触れられましたが、港北区のほとんどは遊水地の下流域で、遊水地によって上流からの洪水は調節されてはいるが、街なかの排水管の氾濫(内水氾濫)の危険性はあるということを知っておくべきだ、ということでした。

遊水地の下流はポンプ場によって内水(堤防の外側の水)は川に排水されるのですが、それによって川の水が溢れないように、地下に貯留管というものがつくられているそうです。貯留管は海岸近くの下水処理場につながっています。
港北区から鶴見区にかけて「新羽末広幹線」という雨水貯留管ができています。
この貯留管や遊水地、大きな建物などの地下につくられている調整池などで、かつて暴れ川といわれた鶴見川や流域の内水の氾濫を防いでいます。
・参考:http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000077810.pdf(鶴見川流域水害対策計画の進捗状況 平成25年3月)

しかし、地球温暖化の影響によると思われる異常気象が頻発しているいま、「これまで経験したことのない」と言われるような豪雨が起きないとも限りません。
災害に向き合う時には、ここまで対策が行われているから大丈夫といういわゆる「正常化バイアス」は避けなければならないでしょう。

そのため、宇田川さんは、携帯電話、スマートフォンで受信できる防災情報メール(エリアメール、緊急速報メール)の利用を薦められました。
実行委員会に出席の方の何人かは登録されているようでした。

「エリアメール」はNTTドコモのサービス名称で、KDDIのauとソフトバンクでは「緊急速報メール」と呼んでいます。いわゆる「ガラケー」では利用できないようです。

横浜市では独自に防災情報Eメールを配信しています。登録すれば携帯で受信できます。
http://www.bousai-mail.jp/yokohama/
に登録の案内があります。

情報を得たらどうするか・・・
神奈川県のホームページが参考になりそうです。
・こんな情報が出たら:http://www.pref.kanagawa.jp/sys/bsi/portal/keywords/1.-.kwstring.1.html
防災訓練にもできる限り参加しておきたいですね。
まちの情報 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。