らくらく情報ひろば

横浜・港北発 ともに生きる仲間たちのチャリティバザー「らくらく市」とその参加団体の情報、地域の話題をお伝えします。
TOPスポンサー広告 ≫ 重度障がい者入所施設での残忍な事件についてTOP管理人の記 ≫ 重度障がい者入所施設での残忍な事件について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

重度障がい者入所施設での残忍な事件について

神奈川県内の重度知的障がい者の入所施設で、元職員によるきわめて残忍な死傷事件が起きてしまいました。
 まずは、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、ご家族の方々に心からお悔やみ申し上げます。また負傷者とそのご家族の方々、加害者により拘束された職員の方々に心からお見舞い申し上げます。

これまでの報道をもとに、情報をまとめてみます。
 この施設は県立で、指定管理者の社会福祉法人が運営しており、民間施設より職員数が多く、夜間の体制も比較的しっかりとしたところであるようです。強度行動障がいをもつ入所者が多いことから、職員の研修体制もしっかりとしているようです。また、地域住民との交流が活発であり、入所施設としてはオープンで、地域の理解・支援も十分に得られているようです。
 加害者は今年2月までにこの施設に勤めていて、自己都合で退職したそうですが、退職前に、障がい者一般への差別的な言動があり、また薬物中毒によるものとみられる逸脱行動があって、精神医療機関へ措置入院したこともあったようです。
 この事件の直前には、国会議長への「障がい者は安楽死させるべきだ」との内容の手紙を直接公邸へ届けたとの報道もあります。
 加害者はもともと「やさしい」「まじめ」という周囲からの評判があったそうで、なぜこんなことをしたのかと一様に疑問を呈されているようです。

加害者からは慎重に事情を聴取した上で、冷静な判断で処罰されるよう望みます。
 報道機関は被害者とそのご家族、関係者の皆さんの気持ちに寄り添って、誤解を生むようなセンセーショナルな報道は控えてほしいと思います。

加害者が表明していたという障がい者への差別感情は断じて許されるものではありません。
 しかし、「差別を許さない」と言うのはたやすいことです。
 考えなくてはいけないのは、なぜ差別するのか?ということではないでしょうか。
 差別をなくす道は、まず私たちが自分の心に向き合うところから始まるのではないでしょうか。

障がい者関係団体のこの事件に関するメッセージを掲げます。
・DPI(障害者インターナショナル)日本会議の緊急抗議声明
http://dpi.cocolog-nifty.com/vooo/2016/07/post-38fa.html
・きょうされんの声明
http://www.kyosaren.com/aboutKyosaren/2016/07/post-103.html
・全国手をつなぐ育成会連合会「障害のあるみなさんへ」
http://zen-iku.jp/info/member/3223.html
管理人の記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。